独立開業をしようと決意しても、何から手をつければ良いのかわからない場合も少なくありません。そんな時にはフランチャイズ契約をしておくと良いのです。どんなメリットがあるのかなどを説明しておくので、参考にしておきましょう。

飲食店を目指す場合

同じフランチャイズという契約だったとしても、飲食店とそうでない場合では微妙に見ておくべきポイントが違ってきます。後で想像していたものではなかったといった事態を避けるためにも、最低限調べておきたいことがあるのです。

初期投資を抑えるコツ!貸店舗を用意してもらえるのか

立地がすべて??客層の調査について

飲食店以外

フランチャイズ契約には飲食業界以外にも、清掃業やコンビニ、あるいは車の修理業者などさまざまあります。基本的には誰でも行えるのですが、それでもいくつか抑えておきたいことがあるので、頭に入れておきましょう。

事前の準備が大切!しっかりとした研修をしてくれるところと契約しよう!

差別化は必須??同業他社にはない技術や道具の提供はあるのか?

開業してから困ったら?アフターフォローがあるフランチャイズなら安心です

最初は赤字が当たり前??どれだけのサポートがあるのかは重要

手厚いサポートが強み

フランチャイズは個々の店舗オーナーがチェーン展開を行う企業と契約を交わし、加盟店となって事業を行うという経営方式です。飲食業界での利用例が多く、居酒屋・ラーメン店・ファストフードショップなど、全国的に知られたチェーン店の中にもこの方式を取り入れているところが少なくありません。 飲食店のオーナーがフランチャイズ方式を導入するメリットはたくさんあります。たとえばメニューです。フランチャイズに加盟すれば、世間によく知られている人気メニューを自分の店で出せるようになりますし、新メニューの考案も本部が代行してくれます。もちろん、有名店の看板を掲げて営業できるというのも大きなメリットです。 さらに、多くのチェーンでは加盟店に対する資金面での支援も提供しています。独立開業が成功するかどうか不安なオーナーにとっては、非常に心強いサポートです。

立ち上げ時の売上を保証

独立開業を果たしたオーナーにとって最初のハードルとなるのが、立ち上げ時の収益を確保することです。店のオープンに際しては多額の初期費用が必要となるうえ、集客もまだ安定しません。そのため、開店当初は赤字経営を強いられるケースが少なくないのです。 こうした場合に備えて、フランチャイズチェーンの中には売上保証制度を設けているところがあります。これは、開店直後の売上が一定の水準に達しない場合は、赤字分を本部が補てんするというものです。このようなサポートがあれば、家賃や人件費の支払いに支障をきたす恐れがなくなるため、オーナーとしては安心して店舗経営に専念することができます。これから開業を目指す人は、このようなサポート制度を導入しているかどうかを加盟先選びのポイントにしてみるのも1つの手です。