差別化は必須??同業他社にはない技術や道具の提供はあるのか?

個性的なお店は消費者からも関心を持たれやすい

フランチャイズといえば、開業経験のない人でも比較的低リスクで独立を果たせるとして人気の高い経営方式です。実績のある企業と加盟店契約を結ぶことにより、さまざまなノウハウの提供を受けながら店舗経営を行うことができます。
人気の高まりを受け、現在ではさまざまな企業がフランチャイズ店を募集しています。1つの業種に何十ものフランチャイズチェーンが競合していて、チェーンごとの個性を見つけ出すのに苦労することもあります。個性のないお店は、消費者にとっても選びづらいものです。ということはつまり、加盟先を選ぶに際しては同業他社との差別化がどの程度図られているかを目安の1つにすると、成功の可能性が高まるかも知れません。

見えないところでも差別化を図れる

フランチャイズ方式を採用している業種には、差別化が目に見えやすいものとそうでないものがあります。
比較的目に見えやすい例としては、学習塾やエステサロンなどがあります。他社にはない独自のカリキュラムや美容技術、最新型のマシンなどは、顧客獲得を目指す際のアピールポイントとなります。
一方、目に見えにくい例としてはハウスクリーニングや自動車修理などがあります。これらはいずれも仕上げが重視される傾向にあり、技術や使用する道具などにはあまり関心がもたれません。
そこで、こうした業種でフランチャイズ加盟を考える時は、独自の顧客管理システムや営業ノウハウなどを提供してもらえるかどうかが重要なポイントとなります。他社にはないキャンペーンなどを実施できれば、差別化を図ることが可能になります。