初期投資を抑えるコツ!貸店舗を用意してもらえるのか

店舗はフランチャイズ本部が保有するケース

フランチャイズとしてコンビニがよく知られています。今は新たな土地やビルの1階などへの出店が多いですが、かつては酒屋からの業態変更が多くありました。持ち主はその酒屋の経営者でしょうから、当然土地代や改装費などは経営者が持つ必要があったのでしょう。今新たに飲食店をフランチャイズで営業したいと考えた時、店舗の土地などは自前で用意しないといけないかです。フランチャイズによって異なりますが、店舗はフランチャイズが保有して経営のみを行えるスタイルもあります。ですからフランチャイズに対して店舗の賃料を支払いながら運営をしていきます。店舗などを購入するのに比べると大幅に初期投資を抑えられるので、軌道に乗せやすいかもしれません。

フランチャイズ本部から低利で借りて店舗を用意する

サラリーマンをしている人が、自営業をしたいからと独立をするケースがあります。よほどこだわりがあるなら一からお店を作ろうとするのでしょうが、将来うまく経営できる保証はありません。それなりに売上を維持しようとするなら、経営アドバイスなども受けられるフランチャイズを利用した方がいいかもしれません。飲食店関係のフランチャイズは結構ありますが、開店時のサポートを行ってもらえるところもあります。店舗の土地や改装費などは経営者が負担する必要があっても、そのための費用がない時もあります。フランチャイズによっては、低利で貸し付けをしてくれるところがあります。返済は将来の売上や利益からの支払いになります。これにより初期投資を抑えられます。